鹿児島の食とデザイン

鹿児島県の重要産業である「食」に関して、デザイン及びデザイナーの力で付加価値を高め、食産業の活性化する事業をおこなっております。

鹿児島の食とデザイン-ニュース

ニュース

11.12

第4回セミナー開催しました

11月6日(水)「鹿児島の食とデザイン」4回目のセミナーを開催しました。
セミナーシリーズを締めくくる最後の講演は2部構成。
第1部は「越中富山お土産プロジェクト~デザイン視点を導入した『越中富山 幸のこわけ』の取り組み~」
と題して、富山県総合デザインセンター主任研究員の窪英明様にご講演いただきました。
デザイン導入の事例としてだけでなく、官民一体となって進めていくために何を共通認識として大事にするか
とても参考になる内容のお話をうかがうことができました。
第2部は「かごしま食企業のデザイン・トライアル」と題して、県内でデザインを活用した商品開発に取り組む企業
3社(㈱ア・トスフーズ、㈱山口水産、㈱イケダパン)様に、これまでの過程や現在進行中のことなど、
現場の視点で、実感のこもったお話をいただきました。
およそ2カ月に渡って開催された「鹿児島の食とデザイン」セミナーシリーズを締めくくり、
鹿児島県内企業のこれから先の取り組みがとても楽しみになるものとなりました。
ご講演いただいた講師のみなさま、参加いただいたみなさま、ご協力くださったみなさま
ありがとうございました!

IMG_1420

IMG_1450

IMG_1141

IMG_1284