鹿児島の食とデザイン

鹿児島県の重要産業である「食」に関して、デザイン及びデザイナーの力で付加価値を高め、食産業の活性化する事業をおこなっております。

鹿児島の食とデザイン-ニュース

ニュース

7.14

オープニングセミナー【経営×デザイン】開催いたしました

7月12日(火)鹿児島の食とデザイン2016・オープニングセミナー

『クラフトビールNo.1になるまでの事業の軌跡とブランド戦略』を開催いたしました。

 

DSC02506

差別化を行い、ターゲットは明確に狭く設定し、ブランディングもしっかりする。企業内での徹底した商品開発。そして、デザイナーも一緒になって頑張っていく。実際の商品事例をもとにマーケティングやプロモーション過程、ビールを中心としたエンタテイメントの内容やSNSの活用でファンを作り増加させた方法などお話いただきました。

 

 

「目に留める」「強く記憶に留めてもらう」「口コミしてもらう」

デザインがもたらす効果、デザインのチカラを最大限活用していらっしゃることがよくわかりました。

DSC02520

 

 

 

 

 

 

Q&Aセッションでは、参加者の皆さまから数多くの質問をいただきました。

差別化の取り組みや、デザイナーとの関係性、ビールに合う食べ物は?など、

多種多様なご質問をいただき、時間が足りず全ての質問にお答えできませんでしたが、

より具体的なイメージが伝わってきました。

DSC02587

 

 

 

 

 

 

 

NHK、MBC、KTSのニュースでセミナーの様子が当日放映され、

南日本新聞社の昨日の記事にも掲載されました。

ご講演頂きました講師の井手様、ご参加いただいたみなさま、

ご協力くださったみなさま、ありがとうございました。

 

鹿児島の食とデザイン2016は、今後も多彩なプログラムを組んでおります。

食品関連企業とデザイナーがチームとなり商品化を前提としたデザイン開発ワークショップ。

デザイン課題をお持ちの食品関連企業の方々、お申込み待っています!

http://www.food-design-k.jp/2016_program_7