鹿児島の食とデザイン

鹿児島県の重要産業である「食」に関して、デザイン及びデザイナーの力で付加価値を高め、食産業の活性化する事業をおこなっております。

鹿児島の食とデザイン-ニュース

ニュース

10.08

【食×デザインの始め方】@大隅プログラム開催いたしました

9月29日(火)鹿児島県大隅加工技術研究センターにて定員以上のご参加をいただき

『食×デザインの始め方』を開催いたしました。

 

鹿児島の食とデザイン事業として、本年度2回目のとなる大隅地区での開催。

「実践的 食のデザイン導入講座」つまり、「効果的なデザイン開発のための基礎知識と事前準備」として、ガイダンスとワークショッププログラムを行いました。

 

第1部では「食のデザインを始めるためのガイダンス」と題し、弊社株式会社STUDIO Kの代表取締役 中島秋津子によるガイダンス。

 

IMG_6214

・なぜ、今、食にデザインが必要なのか?

・地域の食が、なぜ注目されているのか?

・食における、デザインの役割。

・デザイン開始前に知っておきたい10のこと。

など、デザイン・デザイナーに関する費用や選び方をガイダンスいたしました。

 

第2部では、デザイナー2名を迎え「デザイナーの見方・考え方」として、体験談をお話いただきました。

まず、1人目は弊社株式会社STUDIO Kのデザイナー・SPプランナーの和田幸江による「デザインプロセス解体新書」と題し、過去に手掛けたデザイン事例を食品関連企業様との打合せから商品化されるまでのプロセス、実際の打合せ時のメモやデザイン案などを紹介。

 

2人目は、オンドデザイン代表の馬頭亮太様による「パッケージデザインの分解」と題し、2つの既製品の商品パッケージについて、掲載内容の役割や2つの商品パッケージの比較やそこから読み取る商品の指向など、商品の“顔”を作るうえで、考えるべきポイントをご紹介いただきました。

 

お2人のプチ講座に続き、ワークショップを実施。参加者の方々には、自社の商品やパンフレットなどデザインを変えたい・変えようと思っている物をご持参いただき、実際にオリエンテーションシートに記入していただきました。書き方がわからない部分などデザイナーお2人と中島がアドバイスをしたり、お話しを聞いたりして、実践的なワークショップとなりました。

 

鹿児島の素晴らしい商品達がデザインの力をプラスして、より多くの人の目に触れ、手に取っていただけるよう、デザインの“伝える力”を取り入れる企業が増えることを願っております。

 

ワークショップにご協力頂きました馬頭様、ご参加いただいたみなさま、ご協力くださったみなさま、ありがとうございました。

IMG_6224IMG_6235