鹿児島の食とデザイン

鹿児島県の重要産業である「食」に関して、デザイン及びデザイナーの力で付加価値を高め、食産業の活性化する事業をおこなっております。

鹿児島の食とデザイン-ニュース

ニュース

11.16

【食品の容器と包装】セミナー&マーケット開催いたしました

10月28日(水)宝山ホールにて『食品の容器と包装』セミナー&マーケットを開催いたしました。

当初は、8月下旬での開催予定でしたが、台風15号の影響で余儀なく日程変更となり、2ヶ月後に開催することができました。

 

容器包装無くしては、持ち運びも販売もできないのが「食品」。

容器包装のことを知らず、どれだけデザインを頑張っても、食品の開発も販売もできないので、「食品の容器と包装」をテーマにしてセミナーとマーケット(見本市)を開催いたしました。

 

 

第1部は、株式会社CDG代表取締役 大平孝氏をお迎えし「食品の容器と包装2015」と題し、ご講演いただきました。

「売れるために容器包装は重要な要素」として、容器包装の役割や基本、関連法規・条例と食品表示法、容器包装に影響を与えている最近の消費者トレンドなど、とても内容の濃い貴重なお話をいただきました。

 

第2部は「食の見本市~容器包装印刷編」と題し、容器包装を取扱う企業9社のご協力で、企業紹介&プチ展示会を実施することができました。

ガラス、段ボール、プラ系容器、シール、袋などなど、多種多様なサンプルを展示していただき、参加者が自由にブースに訪れ名刺交換や相談など行われました。

 

今回ご参加頂いた皆さまにも、出展各社様の商品ラインナップが豊富で、今後に繋げていきたいとのお声を多くいただきました。

ご講演頂きました大平様、見本市へご出展頂きました9社の容器包装企業様、ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

 

IMG_6849IMG_6998