鹿児島の食とデザイン

鹿児島県の重要産業である「食」に関して、デザイン及びデザイナーの力で付加価値を高め、食産業の活性化する事業をおこなっております。

鹿児島の食とデザイン-ニュース

ニュース

6.13

「心を動かす食のデザイン」セミナーを開催いたしました。

6月10日(火)「心を動かす食のデザイン」セミナーを開催いたしました。
本年度の事業として、鹿児島市で行う第1回目のセミナーになります。

第1部 講演「心を動かすデザインの秘密」
講師 金沢美術工芸大学 美術工芸学部 准教授 荷方邦夫氏。
マイクを使わず身近な携帯電話機やお子様ランチのイメージでデザインについて語る荷方先生のお話に講演に参加された皆さんは引き込まれていました。先生の「鹿児島にはいい素材がたくさんあるので素朴な発想から使い捨てないデザインを考えることが大切。」という言葉にうなずいている方がたくさんいらっしゃいました。

第2部 講演「日本の食、世界を巡る」
講師 デザインジャーナリスト 渡部千春氏
日本でよく見慣れた製品も海外に輸出する際はその国の生活習慣や風習に合わせたデザインや内容量にしなければ売り上げにつながらないというお話に食関連事業の方々が納得されていました。海外への輸出を考える企業にとって大きなヒントになる講演内容でした。

第3部 トークセッション「食にまつわるデザインのヒント」
 荷方邦夫氏 渡部千春氏 小川勝己氏
講演を掘り下げ、心を動かすデザインについてさらに読み解いていく第3部。司会の小川勝己様のナビゲーションで進められました。「海外で鹿児島は通用するか?」「お茶は海外で今人気があるがこれを鹿児島発にできないか。」「東京、京都などの人気観光地以外はすべてジャパンとして取り扱われる。」など現状とこれからの展望について話していただきました。

ご講演頂きました講師の皆様、ナビゲーター、参加いただいたみなさま、ご協力くださったみなさま、ありがとうございました。
次回は7月3日、パッケージデザインの第一人者による「食とパッケージデザイン」を開催します!こちらはお申込み多数により参加募集を締め切らせていただきました。

現在、申込を受け付けておりますのは7月17日「食のデザイン・ミーティング」 9月5、6日二日間にわたる「-食のパッケージー ワークショップ」でございます。
是非ご検討の上ご参加いただきますようよろしくお願いいたします

7月17日「食のデザイン・ミーティング」http://www.food-design-k.jp/program_matching

9月5、6日「-食のパッケージ-ワークショップ」
http://www.food-design-k.jp/program_workshop

IMG_1137

IMG_1146

IMG_1160

IMG_1182 - コピー